ANSWER SONG

静謐な湖に誰にも気づかれないような小石が波紋を飾る。

視野で近づく。

>誰かが口笛を吹いていてもそれが雑音ではなく環境となる。

その木を揺らす風になりたい。

>風にするため、そう装うように揺れる。

身体中に染み込んだ風に連れ去られて、自分がどこにいるのかわからないまま
あてもなくさまよう、心地よさ。

>心地よささえも淡々としてしまう
 

 

・田中は鎌田に、数日前に描いた絵を見せる。
・その後、鎌田は10数枚の絵を描いた。

上記は、鎌田と田中が数回に渡りおこなってきたメールや会話を含むやりとりを恣意的に抜粋したものである。
この展覧会は、均衡のとれた、または明瞭な意味の提示を持った声明が不毛かもしれない。
それぞれが「反応」を起こし、それに答えた。

はじめは鎌田と田中の二者による問題だったのかもしれないが、
誰が何に何を答えたのか、少しづつ曖昧になっている。

それでも答えてみようと思うのがこの展覧会「ANSWER SONG」です。

Direction / Text : 田中良太

「ANSWER SONG」

 鎌田あや、田中良太による二人展

2016 / 企画:ゲルオルタナ

会場・協力:GALLERYAN ASUKAYAMA / 東京

© 2014 RyotaTanaka

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle